【倭国・瑞穂】めぐる季節 ~ Valentine’s four roses

[notice]2/12(水)13:35 倭国・瑞穂共に開始時間変更の記載をさせていただきました。ご迷惑をお掛けし、申し訳ございません。[/notice]

皆さまご機嫌麗しゅう。

倭国EMホール執事のスワンソンでございます。

ある人にとっては待ちわびた、ある人にとっては来てほしくないこの季節が今年もやって参りましたな。

昨年に引き続き、当ホールの主、カナタが各地から収集した恋人達の物語を、皆さまに披露したいと申しております。

格別の寒い季節でございますが、ほんの少しは心が温まるやも知れません。

あいにくとチョコレートは準備しておりませんが、もっと甘い物語でお迎えするとカナタも張り切っておりますゆえ、どうぞ皆さまお誘い合わせの上、お集まり下さいますよう、お願い申し上げます。

 

日時

※ 赤文字の部分、2/12(水)13:35に訂正させていただきました。

瑞穂 2014年2月15日(土)20:30~

倭国 2014年2月15日(土)21:30~

 

場所

倭国 ニュジェルムEMホール

瑞穂 ニュジェルム 酒場「Mystical Spirits」

–  六分儀座標 34.54’N 172.58’E (他シャードEMホールの場所の南隣です)

2014UO000137

※ 倭国はブリテイン1銀付近のゲートの他、ニューヘイブン臨時ゲートをご利用下さい

※ 瑞穂はニューヘイブン、ルナ銀行に設置する臨時ゲートをご利用下さい

※ 各自でブリタニア各所を巡っていただきます。その心づもりでお越し下さい。

 

イベント参加の皆さまへ、お願い・注意事項

  • イベントチャンネル “Wakoku EM Event” (瑞穂は”Mizuho EM Event”)にお入りください。
  • 今回は戦闘は計画しておりません。が、自然発生的な戦闘などの可能性がありますので、貴重品などは出来るだけ持ち込まれないようお願いいたします。
  • 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。
    • イベント進行の妨害、かく乱行為。
    • EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。
  • ロールプレイ中は、ロールプレイキャラクターの周囲を空けてくださるようお願いいたします。
  • 皆さまのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!

【回想】 大切なあなた – Valentine’s Seven Stories

倭国EMホールの2F。

Valentineイベントが終わり、各地に置いてあった物語達を目の前に積み上げて満足げに眺めるカナタ。

各地を歩き回り集めてきたとっておきのラブストーリー達。

ただ、とっておきすぎて、チョコレートなんて目じゃない甘さになってしまったことを、少々後悔していたけれど、ふたを開けてみればなんのことはない。

女の子達はもとより、勇敢な戦士達もそれなりに楽しんでくれていたみたい。……もっともそれは、本のありかを探す冒険として、だったのかもしれないけれど。

そしてカナタは、机に積まれた本の横にある、もう一つの山に手を伸ばす。

そう、差入れのチョコレート。

これで当面チョコに困らないのは良いけれど、甘さに頭もクラクラなカナタだった。

そんな甘さを中和してくれるのは、執事・スワンソンが淹れてくれた極めつきのブラック珈琲と「義理ですから!」とのほろ苦すぎるダメ押しの言葉の記憶。

それでもいつになく幸せそうなカナタは、椅子にもたれ、天井を見上げながら今日のイベントを思い返すのだった。

………………
…………

この甘いイベントの仕切りをあの堅苦しいスワンソンに任せるわけにはいかないのだ!

ぼくがやる!

燃えている。

なぜならば、直前まで幾度となく事務所のポストをのぞき込んでも、空っぽ。ついついリワードホールのポストまでのぞきに行ったけど、やっぱり空っぽ。

バレンタイン、もう過ぎちゃってるのにどうなってんの!

こうなったら、イベントで何気なく催促するしかない。

こうして決死の覚悟で、ぼくは壇上に上がったんだ。

2013UO001344

スワンソンさんが来ると思った
スワンソンはどうした
スワンソン人気だなぁ
スワンソンはインフルエンザか
Kanata人気無

うるさいよ。

カチンときたぼくは、とりあえずイベント進行よりも個人的な目的達成を優先するのだ。

「そんなわけで、すでにバレンタインデーは過ぎておりますが」

「みなさんに報告です」

「なぜかワタシの元には、みなさんからのチョコが届いておりません」

これでよし……たくさんのおひねりならぬ、チョコがステージに飛んでくるはず。と思いきや、飛んでくるのは笑い声とクリームパイばかり……。あまりの悲しさに、現実から目を背け記憶の改ざんをスタートする。

「悲しさのあまり、今、ワタシの記憶が改ざんされました」

「今年の倭国のバレンタインデーは、今日2月16日だったに違いない」

というわけで、まだまだ受付中であることをアピールしつつ、そろそろ本題に。

今回は、ブリタニア各地に散らばる七冊の本を探す旅。先に六冊の本を見つけ出し、その本に書かれたキーワードを並べ替え、最後の本のありかへ行っていただくという趣向。

それぞれの本には、ぼくが各地から集めてきた、甘い甘い物語。

独り身らしき人たちからは

寂しい思いするだけかもなのに・・・
そういうのがかえって独り身の心をえぐる…
悪夢かも・・・

などと、ある種阿鼻叫喚にも似た声が聞こえてくるのだけど、自身独り身のぼくは容赦なし。

というわけで、早速スタート。

各自でまわっていただくので、海でも眺めながらのんびりやろう。

六冊のありかのヒントはこんな感じ。

  1. バレンタインにふさわしきあの形をした、小さな小さな島を臨む
  2. 滝の飛沫が花を育て、恋人を呼び寄せる
  3. 海と大地の間、八徳に彩られぬ街
  4. 戦士と傭兵の街ながら、器用さで勝負する職人も
  5. 海賊酒場へようこそ
  6. はじまりの街、ここに籠もってチョコを作ろう

個人的には簡単な問題のつもりだったんだけど……なかなか混乱している模様。とてものんびりしているヒマはなし。

でも、悪いことばかりでもない。

颯爽と働き続けるぼくの姿に魅了されたのだろう。

ついにチョコが我が手に!

2013UO001373

GET!!!

2013UO001372

さらにGET!!

2013y02m16d_222737470

ステージ上にもたくさんのチョコが! そしてマフィンもハート型に!

これでぼくもエンジン全開!

どんどん集まる質問にもお答えしつつ、巡回もこなす万能っぷり、

2013UO001352

2013UO001354

まあ、早い人、遅い人はいろいろで、ぼくはどちらでもかまわない。

とりあえず楽しんでもらっていればそれで良いのだ。

そしてリワードホールに戻ると、そろそろ六冊の本のキーワードを集め終わった方もちらほらと。

でも、キーワードのアナグラム(並べ替え)に苦労している方がかなり多い感じ。多少ヒントを出しつつも、それでも追っつかないくらい大勢の人が悩んでいる雰囲気。

さらに駆け出し冒険者の方もいらっしゃるようで、そもそも六冊の本のヒントがわからない方も悲痛な声を上げている。ちょっと、ぼくだけでは対応しきれない……でも、こんな時に頼りになるのはベテランのみなさんだ。

しかも、いろんなヒントを出しつつ答えへ導く良い仕事!

EMホールもイベントチャットも大盛況。

思いがけないほどの盛り上がりに、ぼくはいつものように、胸が熱くなるのを感じるのだ。

そして、さらに嬉しい提案が。

かなたさんガイドで6冊の本巡りツアーをやっちゃうとかw

うん。初心者さんでどうしようもない感じの人もいるみたいだし、終わった人も残ってくれていてノリノリだし……やっちゃうか!

というわけで、急遽開催決定のバレンタイン本巡りツアー!

六つの石柱に刻まれたヒントをみんなで確認しながら、各地へ飛ぶ!

2013y02m16d_224302668

まずは、ちいさなちいさなハート型の島。ハートアイランド! ここは知らない人もいたけれど、どちらかというと、場所を覚えてない、という人が多かったみたいだ。

2013y02m16d_230237193

お次は、”八徳に彩られぬ街”Vesper港!

2013y02m16d_225744621

説明の必要なし! Yew大滝公園!

2013y02m16d_230622164

はじまりの街、New Havenの(今日だけは)チョコレート工房は満員御礼!

2013y02m16d_224537928

個人的にお気に入り、戦士と傭兵の街Jhelomの細工屋さん。

ここには一番テンション高いラブストーリーが!

2013y02m16d_224848854

そして最後はここ!

Buccaneer’s Denの海賊酒場!

2013y02m16d_225326351

で、それぞれの本に書かれていたキーワードを並べると……

Reward Hall

そう……マラスの辺境に寂しく建っている、我らが倭国リワードホールこそが最終目的地だったんだ! EMホールの後ろにルーンを置いてあるというドキドキの状況だったけど、気付いた人もオトナの貫禄で見て見ぬ振りをしてくれた。

で、みんな一緒に最後の目的地へ!

2013y02m16d_231829986

ちょっと照れるけど、最後の本は、ぼくからみんなへの愛と感謝の本だったり。

で、締めのあいさつも終わり、無事解散と思いきや、最後の最後で爆弾発言がぼくを襲う!

アナグラムがDから始まっても、ここに辿り着いてこられて……

な……なんだって!? ……ま……また、しくじった?

絶望に包まれそうなぼくを助けるように、彼女が口を開いた。

Himiko: DEAR RW HALL

あまりにステキなアナグラムに、一気にテンションが上がるぼくだった。

「あなたは素晴らしすぎる」

「もう、それを正解にいたしましょう」

「他の人全員不正解です」(ウソですよ!)

……Himikoさん、あなたが優勝です。

(※ お名前の掲載許可ありがとうございます)

こうして、とってもステキなハッピーバレンタインは幕を閉じたんだ。

感謝の言葉の代わりに、7冊目の本をここに載せたいと思う。

2013UO001382

2013UO001383

2013UO001384

…………
………………

次の日、両手に6冊の本を抱えて、カナタはリワードホールへ向かった。

蒼白の台に載せられたピンクのキューピッド。周りを飾るのは当然キノコ達。

カナタはその前に六つの台を並べると、それぞれの上に丁寧に一冊ずつ本を置き、さらに薔薇を一輪ずつ添えてゆく。

この物語達に登場したカップル達が今どこで、どうしているのかは神のみぞ知る。

でも、その何十倍も、何百倍もたくさんの恋人達が、この地で幸せに過ごしているところを思い描きながら、カナタはご機嫌にデコレーションを続けるのだった。

2013UO001377

 


 

あらためまして、カナタです。

回想記事が遅いのは、少し忘れてきた頃に振り返っていただくためであり、他の理由など存在いたしません。

と、まあ冗談はさておき。

この物語達を集めるのには少々苦労いたしましたが、それに見合って余りある喜びをみなさんからいただくことが出来ました。

今はやりの3Dじゃないけれど、わたしはこのブリタニアの景色が好きです。見た目だけではなく、いろんな場所にいろんな意味があるのが本当に楽しいと思います。EMとしてみなさまをエスコートさせていただくにあたり、(わたしの勝手な創作も含め)一つでも多くの場所に、一つでも多くの思いでが結びつくようにさらにがんばってゆきたいと思っています。

さて、今回は、知識も多少必要なイベントでしたので、勉強になったことも多々ございました。

わたしが当たり前だろうと思っていることが、そうでもなかったり、初心者さんへの配慮が足りないと感じる部分があったり、外人さんにはそもそも対応できなかったり……。

たくさんの方が集まってくださるイベントですから、必ず全員に楽しんでいただけるというのは難しいかもしれませんが、こうして学んだことを少しでも活かして、楽しいイベントを作ってゆきたいと思います。

それでは、今回もご参加いただきましたみなさま

本当にありがとうございました!

大切なあなた – Valentine’s Seven Stories

みなさまこんにちは。

倭国EMホール、執事のスワンソンでございます。

世間はすっかりValentineムード一色でございますな。

当倭国EMホールにおきましても、当然みなさまのためのValentineイベントをご準備させていただくべきでございましょうな?

……みなさま覚えておいででしょうか?

先日のクリスマスのことを。

あの時はこのブリタニアに伝わる、ある童話の編纂作業をみなさまに手伝っていただきましたな? 物思いにふけっているかなたに代わり、みなさまが各地に散らばる物語の欠片を探してくださったおかげで、無事童話の編纂も完了し、私どもも良いクリスマスを送ることが出来たのでございます。

そこで、今回はカナタがそのお返しをしたいと申しております。

なんでも、ブリタニアの片隅で誰にも知られずに埋もれている、恋人達の物語を集めているとのこと。

寒い季節でございます。

せめて心だけでも温まってくだされば良いのですが……どうなりますやら。

ささやかなものではございますが、どうぞみなさまお誘い合わせの上、お集まりくださいますよう、お願い申し上げます。

 

Continue reading