サラクエル調査団 Act7 ~わたしだけの、たいせつな、悲劇~

勇敢なる冒険者諸氏

倭国EMホール執事のスワンソンでございます。

前回の顛末には、さすがのわたくしも驚かされました。Marco様のサラクエル調査団首席調査員としての活動の裏に、あのような目的が隠されていようとは……。

自らの死を、魔界に堕ちた婚約者に宣告されているという状態の中、悪魔の頭骨集めも佳境でございます。サラクエル調査団団員として集いし冒険者の皆さま。佳境でございます。皆さまのお力で、あのお二人をお守りくださいますように。

では、やむなく前回ご欠席された方のため、Marco様が語られた顛末を抜粋して、皆さまにお届けいたしましょう。

まずは、EMホールで語られた、Marco様と婚約者Stella様の悲運の物語でございます。Marco様の語りをそのまま引用させていただきます。

 

前回、予言書の作者として名前が挙がったStella……覚えておいでですか?
彼女が全ての鍵となります。
私とStellaは小さな村で育ちました。
私は親がやっていた牧羊の仕事を見よう見まねで覚え、羊たちと戯れる日々。
Stellaもそんな私をいつも手伝ってくれていたのでした。
幼なじみから恋人へ……はじめから決められた運命のように、私達は惹かれ合い将来を約束するに至りました。

そんなある日、Stellaは鮮明な夢を見るようになります。
それは、ほんの些細な身の回りのことから、国を動かす大きな出来事まで、色々でしたが……その夢は必ず「当たった」のです。
私も村人達も、はじめはおもしろ半分でStellaの夢を……予言を聞いていました。
しかし、徐々に彼女はみんなから避けられるようになります。
そう、予言は、明るい未来だけを指し示すものではありません。
しかも……決して外れない。
悪い予言をなんとかして避けようと足掻いても、因果の糸がからまり、ほどいた時にはかならずStellaの予言通りの結果に終わってしまうのです。

おわかりでしょうか?
決して外れない予言。
それは、運命の宣告です。
……時には死刑宣告に等しいことにもなります。
彼女は、夢を見ただけ。
しかし、自分たちの不幸を宣言する彼女のことを、自分たちに不幸を運んできている張本人だと錯覚する……。
村人達のその感情は……自然の成り行きでした。

そして彼女は「魔女」と呼ばれるようになったのです。

そうなると、運命の車輪はもはや、坂を転がり落ちるのみ……。
彼女が悪いことを予言すれば「そんなことは知りたくなかった!」と言われ、彼女がこれから起こる不幸に口を閉ざせば「なぜ教えてくれなかった!」と責められる。

自分が育った小さな村で自分に対する大きな憎悪が渦巻く中、Stellaは喋らなくなりました。

……そして、私は。
彼女のことを愛しつつも、何も言えず、何も出来ず、いたずらに日々が流れていったのです。

ついに、運命の夜が訪れました。

夜も更けた頃、妙な胸騒ぎで眠れなかった私は、窓から差すランプの灯りに気付きました。
そっと外を伺うと、Stellaがランプを携え、村の出口へ向かってゆくところでした。
私はこっそりあとをつけました。
村から出て、ずいぶん歩いたころ、元来た道の向こう……村がある辺りの空が、忌まわしい炎の色に染まっているのに気付いたのです。

私はこっそりついてきていたことも忘れ、思わずStellaに声を掛けました。
彼女は、予期していたように、静かに振り向き、底知れぬ悲しみと慈悲が入り混ざった女神の微笑みを私に向けました。

Stellaは、街に起こる災厄を知っていた。
その災厄を避けることは叶わないことを……知っていた。
そして私は気付きました。
彼女は……村に起こる災厄から、私を守ったのでした。
声なく立ちすくむ私をしばらく見つめてから、彼女は背を向け、暗闇の中に語りかけたのです。

「さあ、わたしを」
「あなたの元へ連れて行ってくださいな」

すると、周りの闇がさらに濃く、漆黒に染まり、低い声が響きます。
「我の誘惑に身を委ねし、予言者Stella」
「往こうか……魔界へ」
Stellaがゆっくり頷くと、彼女自身が漆黒に染まり、気がついた時にはもう消え去っていたのです。

さて、皆さん。
これが全てのはじまりです。
ようやく我に返った私は、急いで村に帰りましたが、夜盗の群れにでも襲われたか、村は焼き尽くされ、家も緑も家畜たちも……そして、人も。
全てが死に絶えていました。
やはりStellaは私を守ってくれたのでしょう。

でも、私は
村を守ることが出来ず
彼女を守ることが出来ず
そんな自分だけが守られたことに
まったく納得できなかった。

そして、魔界の……悪魔の誘惑とはなんのことか?
なぜ、Stellaはその誘惑に乗り、魔界へ堕ちたのか?
……魔女と呼ばれた彼女は、それ故に魔界を安住の地に選んだのか?

再びStellaに会い、全てを知ることが、
何もできなかった私の、
贖罪なのです。

 

いかがでございますかな?

そして引き続き、冒険の後半で語られた、Stella様が予言の力を得た経緯、そして、Marco様のその後について、こちらもMarco様の語りを引用させていただきましょう。

 

天界での出来事です。
ある朝、天使は大きなあくびをしたのです。

あくびに誘われて溢れた泪がひとしずく、頬を伝い、こぼれ落ち、雲の間をすり抜け地上へと……。
そして百億に一つの偶然で、ある女性が持つティーカップに吸い込まれました。
彼女は天使の泪が入った紅茶を飲み、先を見通す力を手に入れたのです。

その天使は、天上天下、はじめから最期まで、あまねく全てを知る。
……ほんのひとしずくの涙でも、ひとりの人間に、少しばかり先を見通す力を与えるには充分だったのです。

しかし、その力は人間達には過ぎたものでした。

……やがて悲劇が起こり、魔界に堕ちた彼女と、嘆きの日々を送るフィアンセを憐れに思い、天使は彼にほんの少しだけ、悪魔に抗する力と智恵を与えました。

そして彼は、与えられた知識から、悪魔の頭骨を七つ集めることが、魔界の住人となった彼女と再会するための鍵であることを知りました。

それを集めるため、彼女にもう一度会うために、彼は、ある団体を組織したのです。

彼に力を授けたその天使。
七大天使にして座天使長。
すべての神秘を知り尽くす。

その天使の名は

サラクエル

その名を冠し、守護を纏う。

それが……我ら
サラクエル調査団

 

 

このような過去を経て、今まさに再会できるかどうかの瀬戸際でございます。

しかもMarco様は、決して外れない予言で、近くこの世を去ると宣告され、Stella様も、当初彼女を魔界へ誘惑した魔界の伯爵の手から、かつての「魔笛」事件で二人のことに興味を持った大魔王Berialの元へと、その所在を移しているようでございます。

謎と難題が多すぎて、わたくしにも結末が見えませぬ。

倭国EMホールは、皆さまの冒険の扉。

僭越ながら、申し上げます。

その扉の先、物語を成すのは……そう、皆さまの役目でございます。

多くの方のご参加を、お待ち申し上げております。

 

倭国EMホール
執事 Swanson

 


 

 

日時 :

2014年7月26日(土) 22:00~

場所 :

Nujelm倭国EMホール

ブリテイン第一銀行近くのゲート、またはニューヘイブンに当日設置される臨時ゲートよりお越し下さい。

イベントご参加のみなさまへのお願い・注意事項

◆ イベントチャンネル “Wakoku EM Event” にお入りください。
◆ 当日は戦闘準備のうえお越しください。
◆ なるべく貴重品は持ち込まないよう、お願いいたします。
◆ 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。

  • イベント進行の妨害、かく乱行為。
  • EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。

◆ ロールプレイ中は、ロールプレイキャラクターの周囲を空けてくださるようお願いいたします。
◆ ロールプレイ中の召喚魔法のご使用はご遠慮ください。
◆ 皆さまのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!

 

 

サラクエル調査団 Act6 ~天使の泪~

Britannia Times 号外!

怪盗バニー VS 探偵Zenon!
宿命のライバルLycaeumで相まみえる!

ちまたを騒がせている怪盗バニーが、今度は智の殿堂Lycaeumに現れた。今回の狙いは新たに収蔵された魔術書であった。

通報をうけ現地へ急行したのは、ご存じ名探偵Zenon氏である。

幸いなことに、盗難がすぐに発覚したために、バニーはムーングロウ内に潜伏することとなり、全国民が注目する、怪盗バニー VS 探偵Zenonの一騎打ちの様相となった。

知力の限りを尽くした一騎打ちの末、魔術書は取り戻したものの、バニーを取り逃がしてしまい、痛み分けと言える結果に終わった。

このところ、バニーが逃走の際、正体不明のモンスターを召喚していることが指摘されている。捜査陣としては頭の痛いところではあるが、国民の間では更にヒートアップする二人の闘いから、ますます目が離せないとの声も聞こえてくる。

果たして、二人の闘いはいつ終わるのか?

メディアとしては不適切な表現かも知れないが、この彗星のように現れた英雄と稀代の怪盗の闘いを、まだまだ見続けていたいと思わせる、そんな二人の一騎打ちなのだ。

新たな動きが見え次第、続報をお送りする。

 

 

倭国EMホール執事Swansonは街で配られていた号外に目を通していた。

「ふぅむ……今回の依頼はこれですか……しかし」

いつになく気乗りのしない表情でSwansonは号外を机に置き、横にあった依頼状を手に取った。

さっき読んだ文面をもう一度読み返し、最後に書かれた依頼人の名前を見て、深くため息をつく。

―― サラクエル調査団 首席調査員 Marco

悪人には見えない……が、魔界なる未知の領域に通じ、しかもその目的が今ひとつはっきりしない。冒険が波乱に富んだものになるのは構わない。しかし、ここEMホールで依頼を受け、冒険者との間を取り持ち、送り出すからには、依頼の裏に、彼らを悪用しようとする邪な意思があってはならない。

しかも、前回はこともあろうに、このEMホールに魔界の手のものと思われる怪しげな道化師の侵入を許すという、Swansonにとって耐えがたい失態を犯してしまった。

しばらく考え込んでいたSwansonだったが、やがて顔を上げた。

彼は一体何者なのか?

サラクエル調査団とはなんなのか?

EMホール執事として自信を持って冒険者を派遣できる相手なのか?

黙って考えていても、何も解決しないことを、Swansonは知っていた。

「簡単なことだ……解決するには、これしかない」

彼は決心を固め、ペンを取るのだった。

 

 


 

 

日時 :

2014年6月21日(土) 20:30~

場所 :

Nujelm倭国EMホール

ブリテイン第一銀行近くのゲート、またはニューヘイブンに当日設置される臨時ゲートよりお越し下さい。

イベントご参加のみなさまへのお願い・注意事項

◆ イベントチャンネル “Wakoku EM Event” にお入りください。
◆ 当日は戦闘準備のうえお越しください。
◆ なるべく貴重品は持ち込まないよう、お願いいたします。
◆ 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。

  • イベント進行の妨害、かく乱行為。
  • EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。

◆ ロールプレイ中は、ロールプレイキャラクターの周囲を空けてくださるようお願いいたします。
◆ ロールプレイ中の召喚魔法のご使用はご遠慮ください。
◆ 皆さまのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!

 

 

 

サラクエル調査団 Act5 ~ 嗤う道化師 ~

[notice]開始時間を月スケジュール記事で告知していた21時から、20時半に変更しています[/notice]

Marcoは部屋の奥、隠すように置かれたチェストを開き、その中身をじっと見つめる。
そこには、禍々しい色の「悪魔の頭骨」が四つ。

ブリタニアの謎を解決するレクリエーション団体、サラクエル調査団。
その真の目的がこの悪魔の頭骨であることは、前回の「魔笛」事件で調査員たちに知られるところとなった。
そもそもこの目的を秘密にしてきたのは、秘密裡に調査を進めたかったという他に「魔界」という存在に相対することを冒険者達が躊躇しないだろうか? というMarcoの危惧があったためである。

しかし、今やMarcoの心は決まっている。
すべてを冒険者たちに告白する。
魔笛事件の折、大魔王Belialが現れたことで、Marcoの目的は魔界の知るところとなったし、何よりも、幾度かの調査を通して、調査員として集まってくれる冒険者達への信頼が揺るぎないものとなっていたからだ。

彼らなら、魔界相手の戦いにもひるむことはない。
Marcoは、そう確信している。

さあ、いつみんなに事情を説明しようか……。
そんなことを考えつつ、テーブルの上に置かれた、今朝届いたばかりの手紙を手に取り、目を通す。

 

サラクエル調査団
首席調査員 Marco殿

急ぎの依頼をお願いしたく、この書面をお届けする。
ここ最近、ブリテインからスカラブレイにかけて、動物、モンスターの変種が発見されている。彼らは強力、かつ凶暴であり、何か邪悪なものの存在を感じる。

モンスターどもの討伐はもちろんだが、その原因を探り、除去していただきたい。
お越しいただければ、詳しく説明させていただく。

できる限り早めの対応を期待する。

ブリテイン街道警備隊
主任 Glen

 

「次は……これだな」

Marcoはサラクエル調査団の編成のため、EMホール執事Swansonへの手紙を書き始めるのだった。

 


 

日時 :

2014年5月24日(土) 20:30~

場所 :

Nujelm倭国EMホール

ブリテイン第一銀行近くのゲート、またはニューヘイブンに当日設置される臨時ゲートよりお越し下さい。

イベントご参加のみなさまへのお願い・注意事項

◆ イベントチャンネル “Wakoku EM Event” にお入りください。
◆ 当日は戦闘準備のうえお越しください。
◆ なるべく貴重品は持ち込まないよう、お願いいたします。
◆ 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。

  • イベント進行の妨害、かく乱行為。
  • EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。

◆ ロールプレイ中は、ロールプレイキャラクターの周囲を空けてくださるようお願いいたします。
◆ ロールプレイ中の召喚魔法のご使用はご遠慮ください。
◆ 皆さまのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!

サラクエル調査団 Act4 ~ 魔笛のためのソナタ ~

勇敢なる冒険者諸氏

倭国EMホール執事のスワンソンでございます。

前回、優雅なフルート演奏会のはずが、魔界と人の世を結ぶ魔笛を巡る事件に発展してしまったこと、Marco氏より、報告を受けております。

2014UO000047

盗まれた魔笛はいったん取り戻されたものの、魔界の大魔王Berialによって再び持ち去られ、魔笛を演奏する予定であったフルート奏者Lydiaさまは行方不明とのことでございましたな……。

2014UO0000502014UO000054

姉であるLydiaさまを案じるあまり、魔笛を盗み出した弟、Telesさまは負傷されたものの、すっかり回復し、Marco氏からの吉報を待ち望んでおられるご様子。

そんな中、ようやくMarco氏より、Lydiaさまの居場所の見当がついたとのご連絡が、ここ倭国EMホールに寄せられました。

ブリタニアの謎を解き明かすレクリエーション団体という、非常に怪しげな「サラクエル調査団」

しかし、今回はMarco氏率いる、このサラクエル調査団に望みを託すほかないようでございますな。

皆さまのお力添えをいただけますよう、このSwansonも願っております。

いつも通り、まずはここ倭国EMホールにお集まり下さいますよう、よろしくお願い申し上げる次第でございます。


日時 :

2014年3月21日(金) 22:00~

場所 :

Nujelm倭国EMホール

ブリテイン第一銀行近くのゲート、またはニューヘイブンに当日設置される臨時ゲートよりお越し下さい。

イベントご参加のみなさまへのお願い・注意事項

◆ イベントチャンネル “Wakoku EM Event” にお入りください。
◆ 当日は戦闘準備のうえお越しください。
◆ なるべく貴重品は持ち込まないよう、お願いいたします。
◆ 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。

  • イベント進行の妨害、かく乱行為。
  • EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。

◆ ロールプレイ中は、ロールプレイキャラクターの周囲を空けてくださるようお願いいたします。
◆ ロールプレイ中の召喚魔法のご使用はご遠慮ください。
◆ 皆さまのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!

サラクエル調査団 Act3 ~ 魔笛 ~

勇敢なる冒険者諸氏

倭国EMホール執事のスワンソンでございます。

年をまたいでも、またやって来ましたな……。

ブリタニアの不思議な事件を調査してみんなでエンジョイするのが目的という……結局よくわからない団体「サラクエル調査団」の首席調査員Marco氏より、皆さまへのご案内が届いております。

 

みなさま新年いかがお過ごしでしょうか?

サラクエル調査団首席調査員Marcoです。今年も皆さんと一緒に不思議でエキサイティングな事件を楽しく解決して参りましょう。

今年の第一弾のミッションですが……少し肩すかしながら、演奏会なんていかがですか?

もちろんただの演奏会ではございません。

曰く付きの伝説の楽器「魔笛」を用いての本邦初の演奏会ということで、我らがサラクエル調査団が、なんとそのプレ公演に招待されました!

調査団と名乗るからには武力一辺倒でもいけません。

アカデミックなひと時を皆さんと共に過ごすことを楽しみにしております。

 

サラクエル調査団
首席調査員 Marco

 

 

なんと申しますか……だんだん胡散臭くなってきたような気がするのは、このSwansonだけでございましょうか?

しかし、皆さまが望むならば、今のところは静観させていただきましょう。

まずはNujelm倭国EMホールへお集まりくださいませ。

わたくしも、今年はじめて皆さまのお顔を拝見することを、楽しみにしております。

 

 


日時 : 2014年1月25日(土) 21:00~

場所 : Nujelm倭国EMホール

ブリテイン第一銀行近くのゲート、またはニューヘイブンに当日設置される臨時ゲートよりお越し下さい。

 

イベントご参加のみなさまへのお願い・注意事項

◆ イベントチャンネル “Wakoku EM Event” にお入りください。
◆ 当日は戦闘準備のうえお越しください。
◆ なるべく貴重品は持ち込まないよう、お願いいたします。
◆ 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。

  • イベント進行の妨害、かく乱行為。
  • EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。

◆ ロールプレイ中は、ロールプレイキャラクターの周囲を空けてくださるようお願いいたします。
◆ ロールプレイ中の召喚魔法のご使用はご遠慮ください。
◆ 皆さまのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!