街の選挙 -選挙制度の概要・パブリッシュアップデート

Publish 81 Patch Notesより抜粋 – 街の選挙について

トランメルの忠誠度が機能している街(無限に関してはフェルッカ)で、新しい選挙システムが導入されます。忠誠度が十分に高いプレイヤーは、首長選に立候補することができます。その街の市民は立候補者を推薦し、その後選挙で首長を選ぶことができます。首長はNPCギルドとの取引交渉を行うことができ、その街の市民に称号を与えることができます。また、ブラックソーン王との評議会会合に出席することになります。

選挙は3月、6月、9月、12月の初日に始まります。(パブリッシュ85.5にて6月、12月に変更)

◆まず最初に現実時間で1週間の立候補期間が始まります。

◆立候補したい場合は、トランメルの忠誠度の機能している街の銀行近くにある市政ストーンを使います。

◆立候補するための条件は次のとおりです。

・トライアルアカウントではないこと。
・ヤングプレイヤーではないこと。
・立候補したい街の市民ランクを宣言していること。
・「人気の知人」以上であること。
・1アカウントにつき、1つの街で、1キャラクターしか立候補できません。

◆立候補時に、キャラクターのその街に対する愛や憎悪の量を市政ストーンが追跡します。

◆立候補したキャラクターは24時間以内に、その街の市民である別のキャラクターから推薦を受ける必要があります。

◆推薦を受けられなかった場合は、再度立候補が必要になります。

◆立候補は何度でも行えます。

◆立候補者を推薦するための条件は次のとおりです。

・トライアルアカウントではないこと。
・ヤングプレイヤーではないこと。
・その街で、そのアカウントで既に推薦を行っていないこと。
・その選挙で立候補しているキャラクターが同一アカウント上にいないこと。
・推薦を行う街の市民ランクを宣言していること。

◆立候補期間が終わると1週間の投票期間が始まり、他の市民から推薦を受けることができた立候補者が投票の対象となります。

◆投票を行えるキャラクターの条件は以下のとおりです。

・トライアルアカウントではないこと。
・ヤングプレイヤーではないこと。
同一アカウント上に、その街の選挙に投票済のキャラクターがいないこと。(パブリッシュ85にて1アカウントにつき、1シャードで、1度のみ投票可に変更)
・投票を行いたい街の市民ランクを宣言していること。
・「評判の客人」以上であること。(パブリッシュ85で追加)

◆1週間の投票期間が終わると、最も票を獲得したキャラクターが首長候補者に選ばれます。

◆票数が同じだった場合

・推薦時に記録された愛が最も多かったキャラクターが選ばれます。
・愛の比較でも決着がつかない場合は、推薦時に記録された憎悪が最も少なかったキャラクターが選ばれます。
・それでも決着がつかない場合、王が首長候補者を選びます。

◆選挙で勝利を収めた後、首長候補者は市政ストーンを使って就任する必要があります。選挙期間が終了してからかなりの時間が経過しても首長候補者が就任しない場合、王は別の者を首長に任命することができます。

◆就任すると、首長は以下の事を行えるようになります。

・市政ストーンのコマンドメニューを用いて市民に称号を授与できます。
– 自分の街の市民にしか称号は授与できません。
– 称号を受けた者は、市政ストーンから「街の称号を外す」を選択することで称号を削除することができます。
– 首長は称号を空欄にしたままにすることで街の称号を外すことができます。
– キャラクター転送をするとこの称号は失われます。また、市民ランクを破棄した場合も称号は失われます。
– 称号の有効期限は、首長の任期終了までです。
・NPCギルドとの契約交渉
– 取引にかかる費用は2,000,000ゴールドで、街の資金から差し引かれます。
ゴールドか小切手を市政ストーン近くにいるCity Herald(街の触れ役)にドロップすることで街の資金に寄付できます。(パブリッシュ83にて首長はCity Herald(街の触れ役)にアクセス可能となり、市民はアイテムの寄付も可能に変更)
街の資金が10,000ゴールドを越えている場合、一般行政サービスの支出として毎日5%が差し引かれます。(パブリッシュ83にて廃止)
– 取引契約は現実時間で1週間に1度変更可能であり、繰り返し更新可能です。
– 市民は市政のコマンドメニューから「契約を利用する」を選択することで24時間契約の恩恵を受けることができます。
– 取引契約には以下のようなものがあります。
・ 神秘秘術ギルド:魔法ダメージ +5
・ 裁縫師ギルド:各抵抗 +1
・ バード協議会:ファストキャスト +1
・ 技術組合:DEX +3
・ ヒーラーギルド:包帯治療ボーナス +5%
・ 海洋ギルド:ヒットポイント回復 +2
・ 商人連合:マナ回復 +2
・ 鉱夫共同体:STR +3
・ レンジャーリーグ:INT +3
・ 暗殺者ギルド:武器速度 +5
・ 戦士ギルド:命中 +5
– これらの恩恵で上限を超えることはできません。

◆ブラックソン城で開かれる評議会会合において、指定された席に着席できます。

– 評議会の会合日程については、各シャードのイベントモデレーターにお訊ねください。

◆市民ランクの放棄、キャラクター転送、忠誠度の不足などが発生すると、自動的に首長の任を解かれます。

======================================================
Publish 83 on TC1 August 30th, 2013より抜粋 – 市政に関する変更

◆一般行政サービスの支出として差し引かれていた税金は廃止されます。

◆市民はCity Herald(街の触れ役)を通じて首長に直接アイテムの寄付を行うことができるようになります。首長は市政ストーンを使用することで、これらの寄付にアクセスできるようになります。

◆市の内部コミュニケーションツールとして、それぞれの街の市政ストーンの近くに市政掲示板が設置されます。

◆首長は市政ストーンのオプションを使用することで、市民がアクセス可能な投票箱の設置ができるようになります。

======================================================
Publish 85 to Test Center 1より抜粋 – 街の選挙に関する変更

◆1アカウントにつき、1シャードで、1度のみ投票可となります。

◆投票するにはその街で「評判の客人」以上であることが必要になります。

======================================================
Publish 85.5より抜粋 – 市政システムアップデート

市政システムに関連する以下の変更が追加されます。

◆街のバナーや称号の売上代金の一部が市の財源として入金されるようになります。

◆市政掲示板が首長がニュースを投稿しやすいようにより機能的に生まれ変わります。

・首長はコンテキストメニューによってヘッドラインと記事をそれぞれ入力できるようになります。
・市政掲示板をダブルクリックすることでヘッドラインの一覧を見ることができます。
・首長の名前、投稿日、ヘッドライン全文を含む内容は、それぞれの街のヘッドライン横の青いボタンをクリックすることで見ることができます。
・市政掲示板はどの街の市民であっても閲覧することができるようになります。
・6月より首長の任期は180日に変更されます。選挙は毎年6月と12月に行われるようになります。

======================================================
Publish 86 Notesより抜粋 – トレーダークエスト導入

◆トレーダークエストを引き受けた街に資金が充当されます。

◆プレーヤーはクエストを完了すると、クエストを引き受けた街と配達先となった街の愛とプラスのカルマを増やすことができます。(パブリッシュ86.2にて忠誠度に応じた愛とプラスのカルマに変更)

Comments are closed.