ぼくとオーク、オークとわたし 最終章 – ふたりの夜明け –

勇敢なる冒険者諸氏

倭国EMホール執事のスワンソンでございます。
今回はまたしても、あのオークの夫婦から救援要請が届いております。

先日もみなさまに助けられ窮地を脱した夫・Frantzでしたが、その折、妻のAntoinetteに難題を突きつけられたようで。なんでも、人間に戻れなければ、たくましいオーク族の男性と浮気する、とのこと。それからというもの、Frantzは必死で人間に戻る薬のレシピを研究していたようでございますな。

と、なりますと、みなさまへの依頼の内容は、その薬の材料探しになろうかということは容易に推測できるものでございますが……Antoinetteから届いた依頼の手紙を拝見するに、なにやらいつも能天気な空気とは違う、重さ……とでも申しましょうか? とにかく何か問題が起こっていることは確実かと思われます。

二人の間に何かがあったのでしょうか?
そして、二人は無事に人間に戻れるのでしょうか?

まずは、倭国EMホールにお集まり下さいませ。
詳しいことはそこでご説明差し上げましょう。

みなさまの知恵と力を、あの愛すべき夫婦に賜りますよう、わたくしからもお願い申し上げます。

 


日時 : 2013年8月24日(土) 20:30~

場所 : Nujelm倭国EMホール

ブリテイン第一銀行近くのゲート、またはニューヘイブンに当日設置される臨時ゲートよりお越し下さい。

 

イベントご参加のみなさまへのお願い・注意事項

◆ イベントチャンネル “Wakoku EM Event” にお入りください。
◆ 当日は戦闘準備のうえお越しください。
◆ なるべく貴重品は持ち込まないよう、お願いいたします。
◆ 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。

  • イベント進行の妨害、かく乱行為。
  • EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。

◆ ロールプレイ中は、ロールプレイキャラクターの周囲を空けてくださるようお願いいたします。
◆ ロールプレイ中の召喚魔法のご使用はご遠慮ください。
◆ 皆さまのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!

About Kanata

2012年6月、倭国に降り立つ。 結局最後まで手探りのままだったという、やっぱり残念仕様のEM。
Tagged , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.