ライブイベント “The Awakening(覚醒)第七章”

甲冑の汚れを丁寧に油で拭き取りながら旅支度を整えつつあるサー・デュプレの横顔を眺めながら、シェリーは遠慮がちに声をかけた。

「ではどうしても行かれるのですね?」

デュプレは一瞬手を止めるかのように見えたが、そのまま顔を上げることなく答えた。

「すぐに戻って来るつもりだ。確かめたいことがある。」

普段は豪放磊落なデュプレがいつになく口数が少ないのを不安に思いながら、シェリーは身を固くして次にかけるべき言葉を必死で探していた。けれど間もなくそれは杞憂に終わった。

「シェリー。ブラックソーンは名誉のムーンゲートに向かうはずだ。必要なものを手配するために、君たちの力が必要になるだろう。」

シェリーはデュプレの口から発せられた“ブラックソーン”という言葉にいくばくかの躊躇を感じ取ったが、気付かないふりをして答えた。

「了解しました。デュプレ。ブリタニアの市民の皆さんが彼を受け入れてくれるかどうかはわかりませんが……。」

やおら立ち上がり、背を向けたデュプレに向かってシェリーはさらにゆっくりと続けた。

「サー・デュプレ。彼のチェス盤をご覧になったでしょう?かの王、カンタブリジアン(C.B.)のイニシャルが入ったあのチェス盤です。彼は……ロード・ブラックソーンです。」

サー・デュプレはそれには答えなかったが、部屋を出て行く彼が小さく頷いたようにシェリーには見えた。

============================================================

このイベントの参照リンク

UO Herald (米公式ウェブサイト)
The Awakening – Act VII
The Awakening Act VII – Part 2

BNN (UO日本公式ウェブサイト)
覚醒 – 第七章
覚醒 – 第七章 第二節

開始予定日時

瑞穂シャード/9月7日(金)21時~
無限シャード/9月7日(金)22時~
大和シャード/9月8日(土)20時~
出雲シャード/9月8日(土)21時~
北斗シャード/9月8日(土)22時~
桜シャード/9月9日(日)20時~

倭国シャード/9月9日(日)21時~

飛鳥シャード/9月9日(日)22時~

集合場所

テルマーのドラゴンウルフ村(六分儀座標: 125o 56′S, 48o 26′W)
倭国シャードは二ジェルムEMホールより集合場所までゲートを設置予定です。
ニジェルムEMホールへはブリ第1銀行南西のゲートをご利用ください。
その他のシャードにつきましては、各EMウェブサイトをご確認ください。

注意事項

◆ イベントチャンネル「Wakoku EM Event」にお入りください。
◆ 戦闘準備の上、お越しください。
◆ 予期せぬ出来事が発生するかも知れません!貴重品はなるべく持ち込まないよう、お願いします。
◆ 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、
イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。
– イベント進行の妨害、かく乱行為。
– EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。
◆ 皆さんのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!

About Kanata

2012年6月、倭国に降り立つ。 結局最後まで手探りのままだったという、やっぱり残念仕様のEM。
Tagged , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.