【回想】それぞれの使命

冒険者の皆さま、暑い中いかがお過ごしでしょうか?

倭国EMホールにて執事を勤めさせていただいておりますSwansonでございます。

先日このブリタニアに、ひとりのガーゴイルの少女が現れたとのこと。どうもただならぬ覚悟と使命を持ってやってこられたようでしたが、どうやら無事、冒険者の皆さまのご協力を得られたと耳にしております。

ブリタニアの混乱、エクソダスの復活、そしてテルマーの災厄と続く大きなうねりを形作る、これもまたひとつの欠片であるように思います。

冒険者さまよりのご報告を元に、わたくしスワンソンが簡単にまとめさせていただきましょう。


冒険者を募る謎の文章がブリタニアを駆け巡った数日後、Destard南に広がる沼地帯の一角に彼女は現れた。

傷ついた彼女は、すかさず駆け寄る冒険者の手当を受けながらも、名乗る間も惜しみ集まった冒険者に懇願する。

2012UO000608

「わたしはなんとしてもあのブライトボーンスライムの残骸を集めないといけません!」

「どうか……助けて!」

いきなりのことに戸惑うものの、彼女が駆けてきた沼地から既にそのあとを追う緑色のスライムの集団が迫ってきているのを見るや、冒険者達はリスタをかばうようにスライムの群れに突入してゆくのだった。

2012UO000611

しかし、威勢よく突撃した冒険者を待ち受けていたのは、緑色のスライムだけではなかった。沼と同化するかのような身体を持つ毒々しい葡萄茶の物体が冒険者達にまとわりつく。

「なっ……プレイグビーストか!?」

確かにその形はプレイグビーストのそれであったが、その醜悪な色は冒険者の背筋を凍らせる。それでも果敢に武具を振るう彼らであったが、それをあざ笑うかのように葡萄茶の悪魔は声なき呪文を唱え、死した仲間を甦らせ冒険者に襲いかかった。

冒険者側にも深手を負う者が続出するも、さすがに歴戦の強者たちであった。

ひるむことなく戦い続ける勇者達は一匹、また一匹と強敵を突き崩し、ガーゴイルの少女が望むスライムの残骸を集めることに成功したのだ。そこで一旦、冒険者達は彼女と共に安全な場所へと下がった。

傷ついた身体を癒やすべく包帯を巻く音、呪文の声があちこちから聞こえる中、ガーゴイルの少女は皆の真ん中に立ち、凛として自分の使命を語りはじめたのだ。

「……わたしはリスタ。テルマーから来ました」

「あなたがたに助けを……乞うために」

口調の重さに、治療を続けていた冒険者たちも手を止め、彼女の顔を見る。

そんな空気の中彼女が語ったのは、テルマーを襲う疫病の存在と、それを隠し、罹患者を隔離したまま、なすがままに任せているザー女王の行動だった。彼女は女王の女王としての使命を理解しつつも、倒れゆく同胞達を見捨てるが如き方策に従うことができず、ブリタニアの冒険者達の助けを求めにやってきたのだった。……女王の命に背いてまでも。

薄汚れたローブを羽織っているものの、少女らしからぬ威厳と、その強い光をたたえる瞳は、彼女のただならぬ素性を皆に感じさせずにはいられない。

そんな彼女は冒険者達に、惨状を自身の目で見てほしいと懇願し、ゲートを出現させた。本来自分たちには直接関わりのない遠い異国のことであるのに、冒険者達はためらいもなくゲートをくぐってゆく。

その先はドラゴンウルフ村。今は鉄柵で囲まれ、立ち入りは禁じられている。

もちろん、その鉄柵が放つ異様な雰囲気から汲み取るまでもなく、そこが病人を隔離している地であることは一目瞭然だった。……彼らが到着した今この瞬間でさえ、ガーゴイルのうめき声があちこちから聞こえ、目の前で倒れ、死んでゆくのだから。

リスタは街に入ったところで、再び語りはじめた。

2012UO000614

「ここでは今も弔いの言葉を捧げる間もなく、次々と……次々と仲間が倒れてゆきます」

「彼らを外界から隔つ柵は、絶望の象徴に見えたでしょう。そして……その彼らの眼に、柵の外で何もできずに佇むわたしのことは……いったいどのように映るのでしょう?」

自分の無力を呪うがごとく語る彼女だったが、ふと顔を上げた。

「そんな時でした。その絶望の柵の中、ただひとり倒れゆくガーゴイルに手をさしのべる人物がいるのに気がつきました」

彼女は柵の中に視線を向けながら語ったのだ。漆黒のローブをまとったそのヒーラーが、この疫病――老廃病の治療薬を開発したこと、しかしその材料が集まらず、治療がいっこうに進まないことを。これでようやく、ブライトボーンスライムがこの治療薬の材料のひとつであること、そして、彼女が冒険者達に頼みたいことの全体が明らかになったのだ。

ザー女王の女王としての徳を信じつつも、自分にできること、使命を遂行すべく冒険者たちに膝を折り懇願するリスタ。やがて、彼女は立ち上がり、冒険者達を誘いつつ街の奥へ……。

2012UO000615

煌々と美しい炎を上げる薪を背にリスタは冒険者達に向き直った。

「この炎は仲間を焼く炎」
「今死んだ者が次死ぬ者に焼かれる」
「次に倒れた者はその次倒れゆく者に……」

彼女の後ろで揺らめく炎は、彼女の、そして焼かれていった者達の焦燥を表すように冒険者達の心を焦がす。

「わたしは母……いえ、女王の命に背いてでも」
「ただ、この連鎖を断ち切りたいの……」

気丈なその瞳がほんの少し潤む。

「……どうかみなさん」
「わたしたちを」
「死に逝くガーゴイル達を」
「助けてください」
「お願い……します!」


 

以上でございます……少々長くなってしまいましたな。

リスタという少女は、強い使命感を持つ素晴らしい少女でございますな……。

しかし、この世は彼女だけでなく、皆さまを含めた全ての方々の使命や宿命、そして運命が絡み合って動いてゆくものと存じます。

ならばこそ、この先どうなるものやら、一介の執事であるわたくしには想像もできませぬが、運命はより多くの方々の心が向かう方に傾きやすいのも否定はできませぬ。

皆さまのご決断が……よりよき、後悔のない方向を向くことを。

わたくしは祈ってございます。

 

倭国EMホール執事 Swanson


ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

さて、今回はライブイベントの幕間のミニイベント的なストーリーでしたので、時間も短く、戦闘も軽めで、拍子抜けした方も多かったかも知れません。

でも、リスタという少女のことを、今のテルマーの現状を心に刻んでいただくべく、彼女の語りを中心とした形にしたというのも事実です。

テルマーだけではなく、ブリタニア、イルシェナーの全てを巻き込んだ大きな流れは、これから佳境を迎えてゆくことでしょう。そして、リスタもまたいつか皆さまの前に現れることもあるでしょう。

よりよき未来のために、これからもみなさんの力が必要です!

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

 

EM Kanata

【お知らせ】プレイヤー主催イベントでのEMサポート終了について

私、EM_Kanataが倭国に着任する前より実施されておりました、プレイヤー主催イベントにおける装飾などのサポートにつきまして、誠に勝手ながら終了させていただきますこと、ご報告いたします。

サポートを前提にイベント企画をされていた皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご了承いただけますようお願い申し上げます。

急な告知となり、誠に申し訳ございません。

 

EM Kanata

それぞれの使命

ぬかるんだ沼地は、その少女の体力を着実に奪ってゆく。

そのガーゴイルの少女の瞳には未だ強い光が宿り、彼女の標的である緑色の物体――ブライトボーンスライムだけを捉え続けているが、足取りは明らかに鈍くなる。

「くっ……こんなはずではなかったのに……!」

感覚が鈍ってきた両足を必死に踏みしめ、手に持ったスタッフを縦に一閃、横になぎ払う。が、伝わる感触は心許ない。元々狩りに慣れ親しんでいるわけでもなく、たしなみとして武具の扱いを知っているにすぎないこの少女に、異常繁殖して襲いかかるこの敵は、あまりにも荷が重い。

強い動機、使命感に裏付けられたその心は折れずとも、傷ついた身体はその命令を受け付けなくなりつつある。そんな時、追い打ちをかけるように、背後に今までのものとは違うおぞましい空気を感じた彼女は、本能的にその場を駆けだした……。

 

倭国冒険者諸氏へ

テルマーからやってきたという、このガーゴイルの少女の勇気ある行動に応え、救ってやってはもらえないだろうか?

小さな胸に抱える大きな使命を共有してやってはもらえないだろうか?


日時・場所

日時 : 2012年7月19日(木) 22:00~

場所 : デスタード南 湿地帯 (六分儀座標  110o 55’S,  7o 52’W)

※ 現地へはニュジェルム・倭国EMホールより送迎のゲートをご準備いたします(ブリテイン第一銀行近くにEMホールへのゲートがあります)

2012UO000583-2

 

イベントご参加の皆さまへ – お願い・注意事項

  • ライブイベントに関わるミニイベントです。小規模な戦闘がありますが、戦闘の得手不得手に関わりなくお越しください。
  • できる限り戦闘準備をお願いします。
  • 貴重品はなるべく持ち込まないようにしてください。
  • 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。
    • イベント進行の妨害、かく乱行為
    • EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為
  • 皆さまのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!
  • 皆さまのご参加、心よりお待ちしております!

【お知らせ】七夕飾りは明日まで!

みなさんのご協力で色とりどりに飾られた禅都銀行前の七夕飾りですが、明日7月14日(土)の夜に片付けさせていただきます。

個人的にとても名残惜しいのですが、仕方ありません。

また来年、さらにステキな七夕にいたしましょう!

みなさんの願いがかないますように……

 

EM Kanata

【回想】倭国七夕祭り in 禅都

EMホールの二階。

今日もぐったりと座り込みつつ砂岩の天井をぼぅっと眺めるカナタは口を開いた。

「……よく飾ったなぁ」

帰ってきたところのカナタのローブには、所々細かい笹の葉がくっついて、今日の仕事の余韻を漂わせている。

執事スワンソンは何も言わず、カナタの前にミルクをたっぷり入れた珈琲を静かに給仕する。

柔らかい香りはカナタの昂ぶりを鎮め、彼を回想の夢の中へ誘うのだった。

………………
…………
……

「よーし! こんなもんでしょ!」

七夕の当日、ぼくはローブのフードをとり、汗をぬぐった。

今日は七夕祭り。ぼくにとってははじめてだけど、今まで色んな形で冒険者達に親しまれてきた行事だけあっていい加減にはできない。

ぼくの眼前に広がるのは天の川……に見えると思いたい。

2012UO000559

経験不足は作業量でカバー!

そんな気持ちで作り上げたお祭り会場。

なかなかの重労働だったけれど、作業中にもいろんな方が激励に来てくれた。おかげで気持ちよく、みんなが楽しんでくれる光景を期待しながら準備できたのだ。

そして、しばしの時が流れ、とうとうドキドキしながら待っていたお祭り本番だ!

2012UO000560

今日もたくさんの人が楽しげな表情で集まってくれた。もちろんそれを見ていたぼくの表情も緩みっぱなしだっただろう。

でも、ひととおりのあいさつを済ませたぼくの元には、冒険者のみなさんが持ち寄ってくれた飾り物が殺到する! 受け取っては飾り、飾っては受け取る!

わいわいと盛り上げてくださるみなさんにろくに答えることもできず、ひたすら飾り続けるぼく。なんと結婚記念日の方もいらっしゃるようで、こちらまで嬉しくなりつつもひたすら飾り付けマシーンとして動き続けるのだ。

でも誤解しないでほしいんだ。

意外とみなさんの声援はぼくの耳に届いている。

「退廃的な七夕だな」
「壁食い競争はないんですね」
「噛み様降臨w」
「かなたんの美的センスが問われてしまう」
「かなたさんHPへってるね・・」
「もっとこき使いましょうw」
「かなたさんもきらきらしているといいよ」

ほら……ちゃんと聴いてるでしょ?

そんなこんなで、飾りも落ち着いてきたところで、ぼくも会場をひととおり眺めてみる。

2012UO000563

天の川にイースター島が登場したり

2012UO000569

バナナネコとキノコがあったり

2012UO000569

今が旬のバニラ装飾を楽しんでみたり

2012UO000568

天の川は色んな海産物のおかげで生臭くなってきたり……

2012UO000566

超新星が現れて、天の川を燃やし尽くそうと企てていたり!

さらには会場外には

2012UO000564

有志の方が作ってくださった激呑みスペースができあがっていたり

2012UO000575

奉納酒『天の川』の樽が有名神社にも負けない勢いで並んでいたり。

飾り付けはもちろんだけど、みなさんがお祭りとして盛り上げてくださっているのを目の当たりにして……ぼくは。

こんなステキな時間をくれた彦星と織姫に、心の中で感謝の言葉を呟いたのだ。

2012UO000571

あー……楽しかった……
…………
……

つかの間のうたた寝から目が覚めたとき、スワンソンはちょうど階下に降りてゆくところだった。

冷めてしまった珈琲をすすりつつ。

クールな雰囲気で階段を下りてゆくスワンソンの姿と……みんなが帰ったあとの七夕祭りの会場で見つけたこの光景。

2012UO000564 - コピー

二つの景色を重ね合わせて、ぼくはその暖かさに。

にっこり微笑んだんだ。

 


さて、今回は七夕イベント!

とにかく飾り付けをして、短冊に願い事を書いていただくだけというシンプルなイベントだけに、みなさんの反応が怖かったことを思い出します。

でも、やはりというか。

その心配は杞憂でございました。

やっぱりイベントはみんなで作るもの。それを実感したイベントになりました。

あらためまして、ご参加いただきました皆さま、本当にありがとうございました! みなさんに育てていただいているこの恩は、より一層楽しいイベントを提供することで返してゆきたいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします!

さて、七夕祭り会場は、おそらく一週間ほどで解体することになるかと思います。

二度は作れない会場です。

昨日来られなかった方もぜひ一度足をお運びください。そして短冊に願い事を書き込んでくださいね。

短冊にはみなさんのUOへの想い、倭国への想い、運営への切なる願い。そして久しく会っていない仲間を待ち続ける気持ち、大切な人を思いやる気持ち、立身出世を狙う誓いの言葉、果ては世界平和祈願まで、たくさんの願いが詰まっています。まだ全部見られていない方も必見ですよ!

ちなみに私への激励のお言葉もほんの少し書き込まれていたり! う……嬉しいです。そして上に掲載した執事スワンソンの書き込みも実際に会場の短冊の中に紛れています。ひま~な方は見つけてみてくださいね!

2012UO000581

それではこの辺で……お気に入りの夜の風景と共に失礼します。

 

EM Kanata